使い方・運用例

運転者

  • 運転登録はどのようなタイミングで行うのでしょうか?

    運転登録は、運転業務の開始前終了後に行います。

    運転登録の例
    8:00 出勤
    8:00~8:50 事務処理
    8:50 安全運転管理者による対面チェック
    運転「開始」の登録
    9:00~10:30 運転業務
    10:30 帰社
    10:40 安全運転管理者による対面チェック
    運転「終了」の登録
    10:50~12:00 事務処理
    12:00~ 昼休憩
  • 自宅から直行・直帰するため、安全運転管理者と対面できません。
    酒気帯びの確認は対面で行うと聞いていますが、この場合の運転登録はどのようにするのでしょうか?

    酒気帯び確認は、安全運転管理者との対面が原則です。ただし、直行・直帰などで対面することが難しい場合は、これに準ずる方法での確認が認められています
    安全運転クラウドには、この準ずる方法として動画アップロード機能があります。登録画面で [ リモート ] を選択することで、自分の姿を撮影した動画をアップロードすることができます。
    顔色や声の調子がわかるように開始・終了の報告をしたり、アルコール検知器の数値が見えるように工夫すると、リモートであっても安全運転管理者に状況が伝わりやすくなります。
    登録後は安全運転管理者からの承認をお待ちください。

管理者

  • 管理業務にはどのようなものがありますか?

    • 運行履歴の確認・承認

      管理者画面にアクセスして、運行履歴を確認します。
      入力不足や間違いがある場合は、利用者に確認・指導を行います。

    • リモートチェックの承認

      運転者からリモートでの承認依頼があった場合、「リモート承認依頼メール」が届きます。
      メールから管理画面にアクセスして、入力された内容とともに動画のチェックを行います。
      気になることがあれば電話したり、会議アプリで通話するなどして、直接本人に確認を行います。

    • 組織、車両、利用者の管理

      組織や車両、利用者に変更があった場合は、その都度システムに反映させて、情報を最新にします。